月別アーカイブ: 2019年1月

夜中のトイレの回数が増えてきたのでクレアギニンEXを飲んでみた!

腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっているのです。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を造り体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を作る働きをしたり、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。腎臓病治療は当然病院でそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、日々の食事や生活の習慣を見直すことが不可欠です。推奨L-シトルリン、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。標準体重を約60kgと仮定すると、一日に必要なL-シトルリン単純計算で、約50gです。食品における蛋白含有量をしりたければ食品標準成分表を参考にして貰えばよいと思います。このような食事療法については、栄養士の指示で様々な工夫についてしることが可能です。もし開業医さんで食事指導まで行き届かない場合は、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。腎臓はソラマメに似た形をした臓器でぴったり腰の辺りに左右1個ずつあります。糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれが数多く存在している場所でもあるのです。腎臓の主な働きは、たんぱく質の代謝により生じた血液中の老廃物や毒素(一般的には、食品添加物(食品を調理したり、加工する際に加える物質をいいます)やヒ素、鉛などの有害なミネラルを指すことが多いでしょう)を尿中に排泄します。その他、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保つ、あるいは、赤血球を作るホルモンや血圧の調整、骨の成長段階に必要なホルモンを造り出すなどの必要不可欠な働きをしています。薬物療法と食事療法がCKD治療の要となり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑制します。食事療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、減塩食は高血圧治療を容易にして、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が似つかわしいとされていますが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量にくらべると約半分であるせいで、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、その他にもカロリーが不足するなどで、実施するのが難しい方もたくさん見られます。腎臓の機能に異常が顕れた時は、回復の見込みが少なく慢性腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)に進行する確率が高くなります。とはいえ、近年の医療技術の発展により早期発見・早期治療が実現できるので、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、遅延も見込めます。もし、末期の腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)になっ立としても、昨今では透析療法や移植にとどまらずますます治療法も増加しており、患者自身のQOL(生活の質)に合った最新の治療が期待できます。食塩の制限は、腎臓の負担を軽減することに繋がります。一日に6g未満が、ノコギリヤシ摂取量としては適切とされています。一般で目にする加工品や塩分多めの食品よりも、なるべく生の食品を選びましょう。煮物や汁物などは、天然のだしを聴かせましょう。食材の味を楽しむことが可能です。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多く含まれます。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。具体的な使い方については、管理栄養士に相談して頂戴。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。クレアギニンEXは、ノコギリヤシを濃縮し加工しているため、生の野菜や生の果物と違って含まれているカリウムが、エラーなく多量です。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、さらに高カリウム血症の症状が顕れる惧れがあります。。腎臓の病気が進んで腎臓の機能が低下してくると一般的に腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)へ移行します。腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)と、長い期間を経てじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)があります。急性腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)は、状態に応じた治療を実行し病状悪化の元を探り除去することにより、腎臓の機能が回復する可能性があります。慢性腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)については、その特性により腎臓の機能が遅々として失われ、機能回復は期待できません。腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、あるいは感染などが原因で先天的なものに起因しないものまで色々ですが、定期的に健康診断を受け早期に発見し、日常的に規則正しい生活をつづけることにより健康的な生活をキープすることが可能になります。ところが、腎臓病の中にはとっても進行するまで日常に支障をきたさないものもあるため、常に油断しないようにすることです。尿に違和感があった際には、医療機関を受診しましょう。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、具体的な献立の工夫や、減塩のポイントなどを教えます。クレアギニンEXの使用は、低たんぱく食事療法の基本となりますので、それに必要な紹介や説明もしていきます。現実に患者さんがどれくらいのペポカボチャ食塩を体内に取り入れているかをチェックします。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、ペポカボチャ食塩の摂取量を掌握します。
購入はこちら>>>>>クレアギニンEX