月別アーカイブ: 2018年6月

クレアギニンEXは腎臓病のどんな症状に効くのか良く調べよう

腎臓病における食事療法の意味合いは、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、良好な体調の存続です。透析の要らない保存期のうちは、食事療法を手掛ける事で腎不全の急激な悪化を食い止められ、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。実際に透析が必要となってからも、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は大きな意味を持ちます。腎臓病でお困りの方に適した、たんぱく質の少な目な特殊食品が売られています。食事管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓機能が下がっていくに従い、現状以上に細かに食事を制限しないといけません。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、クレアギニンEXが加わります。自己の判断で適当に献立を決めずに、きちんとした知識を持つ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため正常な血流が行われず、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまいます。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内に居座りつづけるようになります。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く恐れがあります。故に的確な食事療法を設けて、一定の水分・塩分・蛋白質・エネルギーを体内へと送り続ける必要があるのです。食事をして摂り入れたたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓でろ過され、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。正常な腎機能であるために、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。ですが、たんぱく質は人体にとって必要不可欠な栄養源なので、適量は摂り入れるようにしましょう。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、使用する食品の種類や調理の際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に多少なりに腎臓に負荷が生じます。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分で現すと30~40g程になります。肉や魚その他卵や豆腐は結構な量のたんぱく質があり、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘い食べ物に関しても案外多量のたんぱく質が入っています。お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例えば、ショートケーキひとつには卵1個相当のたんぱく質が内包されています。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓でろ過されたあと尿中に排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。ですので、高めの数値が出るのは大抵男性だったりします。筋肉量が落ちてくると、クレアチニンの量も減少します。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニン量が増加するので、クレアチニン値が低くなります。浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。こうした際の制限は、飲料水に限らず、食品に含まれる水分量も含めます。浮腫がなかったり軽い場合は塩分の制限のみ行う事となります。水分量の制限については病状や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。徹底した食事療法を手掛ければ腎臓病に罹っていても、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。老廃物が排出される事で尿毒症にならず、腎臓病の悪化を極力抑える事ができるのです。そうとう上手くいった場合、腎臓病はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせられるケースもあったりします。食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。食事療法は、患者が自ら意欲的に努められる最善克つ最短の治療手段なのです。
詳しく調べたい方はこちら>>>>>クレアギニンEX 腎臓病