介護食を作るのは時間との戦いだ!

肉や魚その他卵や豆腐はすごくな量のたんぱく質があり、食べ過ぎてしまう食品でもありますから注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)が必要です。甘いものと言えど思った以上に多くのたんぱく質が入っていたりします。お菓子には豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、たんぱく質の過剰摂取になります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個に近いたんぱく質がふくまれます。嚥下障害では 肺の内部がおかされるために本来通り血流が成されずに、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。加えて尿と共に排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内で増加し初めます。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症を発生指せる要因となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。そのためご飯療法では、適正な食材の硬さ・水分・蛋白質・エネルギー量を摂り続ける必要があります。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。体内で燃焼し尽くせば糖質とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質は分解されると約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負担がかかります。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありないでしょう。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で言えば30~40gに相当します。ご飯を基にして得たたんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓の内部で分離され、無駄な老廃物は尿を出す際に一緒に排出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に悪影響を出します。正常な腎機能であるために、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、全く摂らない所以にはいけないでしょう。嚥下障害が酷かったり尿の量が少なすぎる場合、食材の硬さだけでなく水分の制限も重要となるのです。この場合 飲み水だけではなく、食品にふくまれる水分量も含めます。嚥下障害自体が無い又は軽度の場合は制限が必要になるのは食材の硬さのみです。制限時の水分量についてはあくまでも現段階での病状や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、その種類や調理するときの形状・水量・所要時間により相違します。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。嚥下障害を発症した方の行なうご飯療法の趣意は、嚥下障害の進行を遅らせることと、健康体のキープとされます。透析の要らない保存期のうちは、ご飯療法次第で腎不全への進行を遅らせることができ、透析を要する時期を極力遅くできます。更に言えば、透析開始後も、なるべく健康な状態で透析を行っていく上で、ご飯療法は重要視されます。クレアチニンについては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓でろ過されたあと尿中に排出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉の量が減れば、当然クレアチニンの数値も下がります。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニンの量が多くなりますからに、クレアチニン値が低くなります。嚥下障害に悩まされる方に向けて、たんぱく質の控えめな介護食が存在します。これらを上手に活用するのが長つづきのコツです。腎臓機能が下がっていくに従い、現状以上に細かにご飯を徹底しないとなりないでしょう。この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー制限も追加されるのです。自分で勝手にご飯内容を決めずに、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。嚥下障害のご飯療法が上手くいくと、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなるのです。老廃物が無くなれば尿毒症を引き起こさず、嚥下障害の進行を妨げる事も可能になります。沿うとう上手くいった場合、嚥下障害はもう進行しなくなったのではないかと考えられるぐらいに遅らせる事が可能なのです。ご飯療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありないでしょう。ご飯療法と言うのは、患者が自主的に関わることのできる最も効果的な治療法と言えるのです。
詳しく調べたい方はこちら>>>>>介護食宅配ランキング