クレアチニンクリアランスが基準値を越えている場合の治療法は?

食事で摂取し立たんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に流れて分離された末、残った老廃物は尿と共に体外へ出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を保つためにも、たんぱく質の摂取量を調整する重要が出てきます。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素(時には、健康補助食品やサプリメントなどを上手に利用してもいいかもしれませんね)であるため、全く摂らないわけにはいけません。腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て血液の濾過作用が上手くおこなわれず、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、増加する事態になります。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症の誘因になったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、ただしい食事療法・食事制限の元一定量を体内に供給しつづける事がもとめられます。水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でた場合に除去できるカリウム量は、食品の分類や調理を実行する際の形状・水量・所要時間により相違します。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。慢性腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、体内に老廃物や毒素はたまっていきません。老廃物が残らない状態になれば尿毒症を未然に防ぎ、腎臓病の進行を妨げる事も可能になります。優れた効き目が出た際には、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせられるケースもあったりします。食事療法の難しさはけっして病理制限の内容ではないんです。食事療法・食事制限は、患者が自ら意欲的に取り組める最善の手法になります。人体に重要な3大栄養素(時には、健康補助食品やサプリメントなどを上手に利用してもいいかもしれませんね)に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺に居座りつづけることはありませんが、たんぱく質に限っては分解されても7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に多少なりに腎臓に負荷が生じます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える重要性があります。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日が重要とされ、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。クレアチニンと言うのは筋肉内にある物質を基に創られる老廃物であり、腎臓でろ過されたアト尿と合わせて体外へ除去される成分です。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉が衰えてくると、当然クレアチニンの数値も下がります。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニンの量が高まるため、本来の値よりクレアチニンクリアランスが低下します。肉や魚その他卵や豆腐はすごくな量のたんぱく質があり、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにして下さい。甘いものには意外に多くのたんぱく質が入っていたりします。オヤツは製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、重要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個相当のたんぱく質がふくまれます。腎臓病を患った方が行なう食事療法・食事制限のポイントは、慢性腎臓病を極力進行指せない事と、健康状態の維持になります。人工透析の要らない保存期のうちは、食事療法・食事制限によって腎不全への進行を遅らせることができ、人工透析を初める時期を遅くしていけます。加えて、人工透析を初めても、できるだけ健康な状態で人工透析を行いいく上で、食事療法は重要不可欠です。浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分以外に水分の病理制限も付随してきます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品中にふくまれる全ての水分が該当します。浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら病理制限を設ける項目は塩分だけになります。こうした際の水分量の病理制限は病気の進行状況や尿量を基に医師が決定します。脱水になればそれだけ腎臓機能の低下を早めるので自分勝手な病理制限はしてはいけません。慢性腎臓病の人のためにたんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。こうした製品を上手く活用する事で徹底した食事管理を行なえます。腎臓機能が落ち込む程に、今よりも力を入れて食事を病理制限しないといけません。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値(清涼飲料水を飲み続けると、血糖値が上がりすぎてペットボトル症候群になってしまうでしょう)をキープする観点から、エネルギー病理制限ももとめられます。食事内容は自己流で判断せずに、専門の知識を有する管理栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにして下さい。
参考にしたサイト>>>>>クレアチニンクリアランス 基準値