クレアチニンを下げる食事は宅食サービスが最適!

一年を通じ毎日の食事で得たたんぱく質は、体を健康的に動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓にもたらす負担が一気に増加します。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、全く摂らない訳にはいけません。腎臓病を患う方にお勧めしたい、低たんぱくの特殊食品があります。食事管理を続けていく上でこうした食品は不可欠でしょう。腎臓機能が落ち込む程に、今以上に考えて食事を制限しないといけません。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー制限も伴います。自己の判断で適当に献立を決めずに、栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病を極力進行させない事と、良好な体調の存続です。透析が必要無い保存期の間は、食事療法を元に腎不全への進行を遅らせることができ、透析を要する時期を極力遅くできます。実際に透析が必要となってからも、できる限り健康体で透析をするために、食事療法は必須なのです。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓でろ過されたあと尿と合わせて体外へ排出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉の量が減れば、合わせてクレアチニンの数量も減るわけです。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニン量が増加するので、通常よりもクレアチニン値は少なくなります。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼし或いは水さらしを済ませてから調理を始めましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、個々の食品や調理を行う際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。一般的にはほうれん草等の葉物野菜だと45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。肉や魚その他卵や豆腐は結構な量のたんぱく質があり、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘い食べ物に関しても案外多量のたんぱく質が入っています。お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個相当のたんぱく質が含まれている訳です。浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分だけでなく水分の制限も重要となります。このような場合、飲み水だけにあらず、食品内に入っている全ての水分と捉えます。浮腫がなかったり軽い場合は塩分の制限のみ行う事となります。制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量により医師が判断します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので自分勝手な制限はしてはいけません。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に少なからず腎臓に負担が出ます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日換算で約30g~40gです。腎臓病でも食事療法が適切であれば、からだの中に老廃物(毒素)がたまりません。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の悪化を極力抑える事ができるのです。そうとう上手くいった場合、腎臓病の進行が止まったと言っていい程遅らせられるケースもあったりします。食事療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。食事療法については、患者が自ら積極性を持って実行できる一番の治療行為です。腎臓病では 糸球体がおかされるために正常な血流が行われず、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。加えて尿と共に排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、増加する事態になります。このような状況になると、血液内に窒素が増えていき、尿毒症の原因となったり、ナトリウムの増加で高血圧を併発する可能性が上がります。故に的確な食事療法を設けて、一定の水分・塩分・蛋白質・エネルギーを常にキープする事が入り用なのです。参考サイト:腎臓病食 宅配